教育・研修

チーム支援型 教育モデル

新人看護教育とは

新人看護師が安全に看護を提供できることを目的に、段階を踏んで確実に知識・技術を取得したことを確認して、次の行為に自信を持って進めるためのものです。埼玉石心会病院では、チーム支援型の教育体制をベースとし、チーム構成メンバー全員が新人教育にあたります。
チーム内ではおおよそエルダー・メンターなどのすみ分け、各病棟・各チームの特殊性を活かして教育していくことを基本とします。

教育モデル

エルダー

エルダーはラダーレベルⅡ、主に2~3年目の看護師が担います。

【役割】

  • 精神的支援
  • 他スタッフとの調整役
  • 年間教育スケジュールを一緒に進めていく
  • 一緒に技術の練習
教育委員

教育担当者は5年目以上の看護師が担い、指導、集合研修の企画などを行っていきます。

【役割】

  • 到達状況の確認・評価
  • 集合研修の企画
  • メンターやエルダーが基準・手順・OJTなどに基づき指導しているか確認
  • 安全にケアできるよう業務や受け持ち患者さんの検討
メンター

メンターはラダーレベルⅢ以上、看護師経験4年以上の看護師が担い知識や技術の指導を主に行い、かつ精神的支援を行います。

【役割】

  • チームの中心。教育担当者とのパイプ役
  • 基礎看護技術研修の企画を行う
  • 教育担当者と共に、知識・技術の指導
  • 年間教育スケジュールを立てる
主任、副師長、師長

主任、副師長、師長は責任者で、基準・手順を守って実践が行われているかの把握。新人看護師の現在の知識・技術習得状況にあった業務分担が行われているかを把握し調整します。

院外研修

院外研修は(日本看護協会・埼玉県協会主催の学会など)自分の参加したい研修を選んで希望を出し、公費で必ずひとつの研修には参加できます。興味のある研修がたくさんある場合は、公費扱い以外でも参加することが可能です。
看護協会には、ほぼ全員が加入しています。当院から日本看護協会まで電車で約30分、埼玉看護協会まで約60分と学べる環境です。

臨床研修プログラム

看護職員の臨床での実践能力を高め、個々が看護の専門性を追求できる研修を企画しています。

臨床研修プログラム(1) 臨床研修プログラム(2)

新人教育カレンダー

入職時オリエンテーション

ダウンロードPDFファイル(4月)

ダウンロードPDFファイル(5月)

専門・認定ナース 資格取得バックアップ体制

「将来のスペシャリストを応援!」