仲間の声

先輩ナースの紹介

先輩ナースからのメッセージ

  • 森井 彩香

    『患者さんの気持ちに寄り添い、信頼される看護師になる』

    森井 彩香

    2019年 入職
    東京家政大学 健康科学部 看護学科 卒 / [4C]低侵襲脳神経センター(脳血管内治療科) 勤務

    教育体制が充実していて、個々に合わせた指導をしてくれるため、基礎からしっかりと学び看護知識を深めることができる環境だと感じました。
    また、チーム支援型教育(チーム全体で新人看護師の教育)やPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)が導入されていて、分からないことや疑問点などが相談しやすく、新築移転をした病院なので最新医療機器を用いた看護の技術や知識を学べると思い入職を決めました。
    研修は様々な趣向を凝らした内容で、座学やグループワークのほか、実際に医療機器に触れ体験してみたり、患者さんの気持ちに寄り添にはどうしたら良いのか考える研修も行われています。知識として理解していても実際に体験してみないと分からなかったこともたくさんあり、同期と切磋琢磨しながら学んでいます。
    チームの先輩方はどんな小さなことでも相談に乗ってくれ、PNSで何度かペアを組んだことがある先輩は前回行った看護との違いを比較しながら指導してくれるので、PNSの良さを実感することができました。
    別のチームの先輩方や年齢の近い先輩方、いろいろな人が優しく声をかけてくれ、様子を気にかけてくれているため、とても働きやすい職場です。ON-OFFがはっきりしているため気持ちの切り替えがしやすく、OFFの時はプライベートなことなどを話すことができる為、業務外でも仲の良い職場だと思います。
    まだまだ分からないことがたくさんありますが、看護の知識や技術をしっかり身につけ、先輩たちのように常に笑顔を心がけ「患者さんの気持ちに寄り添い、信頼される看護師」になりたいと思います。

  • 長谷川 果恋

    『常に笑顔を心がけ、患者さんからも信頼される看護師を目指して』

    長谷川 果恋

    2019年 入職
    米子北高等学校 看護科・看護専攻科 卒 / [3A]腎臓内科 泌尿器科 病棟 血液浄化療法室 勤務

    就職活動を行っていく中で、基礎からしっかり学べる新人教育プログラムが組まれている点にとても興味を惹かれました。入職した後は約1か月の集合研修で基礎からしっかり学び、その後に病棟配属されるため、安心して看護師業務を行うことができると思い、就職を決めました。
    分からないことがあれば丁寧に指導してもらえ、自分のペースで看護技術を身につけることができる環境にとても安心しています。
    また、患者さんに寄り添う看護を実践するために、「夜間患者体験」や「ローテーション研修」など、オリジナリティあふれる研修がたくさんあり、同期と切磋琢磨しながら学んでいます。
    先輩方は誰に質問しても、嫌な顔せずに丁寧に教えてもらえ、私がしっかりと理解するまで根気よく指導してくれます。他職種の方たちも声をかけてくれるとても仲の良い病院だと思います。
    目標とする先輩たちのように、笑顔を心がけ、丁寧に看護に携わっていきたいと思います。

  • 白田 千裕

    『笑顔を絶やさず、患者さんに寄り添う看護師に...』

    白田 千裕

    2017年 入職
    日本医療科学大学 保健医療学部 看護学科 卒 / [4A]救急総合診療科  神経内科 病棟 勤務

    就職活動を行う中で、2年間かけて基礎から学べる研修などしっかりとした新人教育制度が魅力的であったため、安心して自分の成長につなげられると思い就職を決めました。
    定期的に行われる集合研修では実技やグループワークが多く行われ、同期とコミュニケーションをとりながら知識を深めることができます。
    また、全病棟でPNS[パートナーシップ・ナーシング・システム]制度が導入されているため、わからないことや疑問に思ったことなどをすぐに先輩看護師に相談できる環境の中、日々看護業務に携わることができます。
    先輩方が私の成長に合わせて指導をしてくれたおかげで、焦ることなく自分のペースで看護技術を身に付けることができました。
    私が配属されている4A[総合診療科]病棟には、呼吸器内科、神経内科...など様々な疾患の患者さんが入院してきます。緊急入院も多く、時には心が折れそうなこともありますが、同じ世代の看護師や、スタッフ間の何気ない会話で励まされることもたくさんあり、とても明るい雰囲気の病棟です。
    どんな時でも笑顔を忘れず、患者さんの心に寄り添う看護師を目指し、成長していきたいと思います。

  • 永田 恵理

    『信頼できる優しい先輩に支えられ、日々学びを深めています。』

    永田 恵理

    2016年入職
    西武文理大学 看護学部 看護学科 卒 / [3B] 心臓血管センター(心臓血管外科) 勤務

    私の勤務する病棟では平日は、ほぼ毎日、カテーテル検査の患者さんを受け持ち、手術後の患者さんも担当します。毎日全身状態を確認し異常の早期発見や患者さんの退院に向けた看護を行っています。病状が急変する患者さんも多く、毎日忙しく、時には辛いこともありますが、その分やりがいを感じることが多い仕事です。
    常に声をかけ合いながらチーム全員で仕事をしているので、頼れる先輩の下で一生懸命仕事をすることができます。どの先輩に声をかけても必ず的確なアドバイスをくださりとても心強いです。どんなに忙しくても患者さんには丁寧な対応をし、他のスタッフにも気を配れる先輩がいて、人間的にもとても尊敬しています。

  • 柴田 裕加子

    『看護師としての自覚、責任の大切さを感じて』

    柴田 裕加子

    2015年入職
    秩父看護専門学校 卒 / [5C] 整形外科 眼科 病棟 勤務

    入職当時は、覚える事もたくさんあり、やらなければならないことが出来ず、数々の失敗から空回りを繰り返し落ち込む日々が続きました。このころは、先輩たちのようにプロとして働いていけるのか毎日不安でいっぱいでした。ですが、プリセプターをはじめ先輩方から「焦らず一呼吸おいて、自信を持っていいんだよ」と言われ、落ち着いて業務や看護を行えるようになりました。
    また、患者さんに「ありがとう」と優しく声を掛けていただいた時など、患者さんから元気をもらい、沈んでいた気持ちが明るくなりました。
    まだまだ学ばなくてはならない事はたくさんありますが、今後は疾患や看護知識を深め、その患者さんにあったアセスメントを行い、患者さんが「早く元気になりたい!」と思ってもらえるように、自分も笑顔で明るく看護を行っていきたいです。

  • 仲 真知子

    『患者さんから何でも言ってもらえる看護師に』

    仲 真知子

    2012年入職
    弘前大学 医学部 保健学科 看護学専攻 卒 / [3A]腎臓内科 泌尿器科 病棟 血液浄化療法室 勤務

    看護師としての仕事に自信が持てなかった入職当時、先輩から「新人でも患者さんにとってはみんな同じ看護師なのだから、自信を持って」と言われたことがありました。
    自信のなさが顔に表れてしまったら、患者さんを不安にさせてしまうということに気付かされました。まだまだ未熟ですが、技術的なことは一人で自信を持ってできることが増えました。また、なにより成長したかなと思うのは、患者さんが気軽に話しかけてくれるようになったことです。
    不安な顔をしていたり、忙しい雰囲気を出していては、患者さんは話をしてくれませんよね。どんなに忙しくても表情には出さないようにして、患者さんが言いたいことは何でも言ってもらえる看護師でいたいと思っています。