ICLS講習会 開催‼

ICLS[Immediate Cardiac Life Support]とは、日本救急医学会認定の医療者向けの蘇生トレーニングコースのこと。1次救命処置[BLS]だけでなく、その後の2次救命処置までを範囲とし、「突然の心停止に対する最初の10分間の対応と、適切なチーム蘇生を習得すること」を目的としています。
 心停止はどの医療機関のどの部署においても起こりうるもので、いったん発生すれば蘇生を開始するまで少しの猶予もありません。まさに「Immediate(すぐに、間髪をおかない)」な処置が必要となるのです。心停止直後の処置には、あらゆる医療者がチームの一員として参加し、蘇生を行うことが求められています。
 ICLSコースでは、あらゆる医療者が身につけておくべき、蘇生の基本的事項を習得できるようにしています。

 

 

当院にはICLSのインストラクターが在籍しており、院内でICLSコースを開講。

感染予防対策が講じられた中、受講者は自分の休みを使用して参加しました。

 

万が一、患者さんが急変しても、なにかしらの対応はできる!
自分に何ができるのか、何をしなければならないのかということを考え、行動する。
受講者は、この重要性を改めて学ぶことができたのではないでしょうか?

 

看護管理室

カテゴリー: 新人   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です