上機嫌と不機嫌

「上機嫌の作法」齋藤孝 2005 角川書店

 

著者は明治大学の教授であり、多くの著書を書いておられるので

ご存知の方も多いと思います

「上機嫌の作法」は2005年の発行ですが、本棚の中に収まっていたのを

引っ張り出してあらためて読んでみたら

意外とまた新鮮だったので、紹介します

 

著者は、円滑なコミュニケーションのための手段として

「上機嫌」な状態を自分の「技」にすることを提唱しています

意識して身につけ、いつでも自在に上機嫌モードに入れるようにする技

だから、訓練でだれでも取得できるのです

 

第1章の冒頭部分・・・・・・・・・・・・・・・・

なんて無意味に機嫌の悪い人が多いのでしょう

不機嫌にしていることで、メリットがあるのでしょうか

だれかが気分がよくなったり、もしくは仕事がすすんだりするのか

不機嫌ムードを発していることで仕事がうまく進むのであればともかく

実際そんなことがあろうはずがない

 

くよくよして、むっとして、無気力でいて、

何か新しいものが生まれるでしょうか

 

不機嫌であることが、あたかも威厳があり、知的であるかのように思うのは

大きな勘違いです・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そうはいても、いつも上機嫌ではいられない・・という思いもありますが・・

ましてや、病院での厳しい現実の中、働いている医療職ですから

いやしかし、だからこそ

上機嫌の「技」が大切なのでしょうね

 

笑顔やあいさつは、

患者さん・ご家族に、そしてスタッフどうしの中でも

生きる活力と喜びを与えてくれます

そして、笑顔や挨拶は、不機嫌ではできないものです

 

著者のあとがきにこうありました

 

私たちがどんな人に惹かれるか思い起こせばわかりやすい

それは、いつでも上機嫌な人だ

 

そうですねconfident

そうでした

私の大好きな先輩や仲間たちは

み~んな笑顔が素敵です

 

今日も、明日も、その次も

上機嫌の技をみにつけるために、がんばります

 

***

梅雨だというのにほんとに良いお天気です

今年は長靴買おうと思っていたけど・・保留中smile

***

 

看護部長 粕谷文子

カテゴリー: 読んだ本   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です