手のひらを太陽に

7月11日 月曜日sun

 

交差点で、信号待ちをしている時signalertoilet

朝からほんとに日差しが強くて

自転車なものだから、日傘というわけにもいかずbicycle

ほんとうに、暑いなぁ・・と

顔をおおうように、手を太陽の日差しを遮るように

あげたところ

 

あれあれ・・

手のひらが赤いぞ~

と思った瞬間、頭の中をぐるぐるよぎったメロディがありました

 

手ぇのひらをォ 太陽にぃ sunすかしてみればぁ~
まっかに流れるゥ ぼくのちしおォ~

 

たぶん、小学生のころに歌ったこの歌です

 

ぼくらはみんな 生きている
生きているから 歌うんだhappy02
ぼくらはみんな 生きている
生きているから かなしいんだcrying
手のひらを太陽に すかしてみれば
まっかに流れる ぼくの血潮(ちしお)
ミミズだって オケラだって
アメンボだって
みんな みんな生きているんだ
友だちなんだ

 

病院へ着くまでのあいだ

口ずさみながら、自転車をこぎ続けていたのは

言うまでもありません

 

この曲は、1962年に

 やなせたかしさんがかかれた詩だそうです

 

さすが、アンパンマン!!good

なんだか元気がでてきますlovely


看護部長 粕谷文子



カテゴリー: イベント   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です