辞書を読書してみたくなる

「舟を編む」三浦しをん 光文社 2011

 

2012年本屋大賞を受賞した1冊です

全国の書店員さんが一番売りたい本として選ぶ本屋大賞

 

「舟を編む」は、題名からは内容が想像できなませんでした

読み進んでいくと、その意味が理解できます

 

主人公の馬締光也(まじめみつや)は玄武書房の営業部から

辞書編集部へ異動となり、辞書作りに情熱をかけていきます

様々な人たちとの出会いと別れ

一つのモノづくりにかかわる多くのプロフェッショナル達

消えては生まれてくる言葉の数々

あふれ出る言葉の波を大海原にたとえ、辞書編集部の面々は

その海へと挑んでいきます

 

P56

言葉は知っていても、実際に・・陥らなければ、その苦しみも悩みも

十全に自分のものとはなりません

自分の言葉になっていない言葉を、正しく解釈はできない

辞書作りに取り組む者にとって大切なのは、

実践と思考の飽くなき繰り返しです

 

ここのところがとても印象に残りました

 

看護の言葉を知っていて、看護を実践しているものの

看護を自分の言葉で表出できているだろうか

正しく解釈できていなければ、自分の言葉にできません

自分の気持ちも日々の実践も見える形にする、言葉に残す

言葉にするためには、自分の言葉で解釈する

 

看護こそ、実践と思考の飽くなき繰り返しというところでしょう

 

簡単ではないけれど、少しづつでも、進めていきたいと思います

 

看護部長 粕谷文子

カテゴリー: 読んだ本   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です