乳がんの遺伝性

アンジェリーナ.ジョリーという

アメリカの女優さんが、

乳がんにかかる確率が遺伝的に高いという理由で

両乳房の切除術を受けたという

 

女性にとって、

いや、女性に限らず、ショックを受けた人も

少なくないのではないか

 

そうするに至ったまでには、大きな決断があったことには

違いないと思うが

発症していない健康な身体にメスを入れることには

想像し難い

 

日本よりも米国は、乳がんの発生率が格段に高い

さらに遺伝的要因が強く影響される疾患と言える

彼女の決断は、究極の予防医学ともなるのかもしれない

 

日本の女性の癌死亡数では、乳がんは4位となっているが(2009年)

癌罹患数では、乳がんは1位

早期発見が治療効果に大きく影響され、生存率も非常に高く

なるにもかかわらず

日本は、検診後進国とも言われてしまうほどがん検診率が低い

 

自分自身のため、

そして家族のためにも、検診の必要性を

強く感じる

http://www.tbs.co.jp/pink-ribbon/data/

http://ganjoho.jp/public/cancer/data/breast.html


看護副部長粕谷文子

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です